リートの注意点

不動産投資信託は預金などのようにしかりとした保証があるわけではないので、株式市場や不動産市場の影響を大きく受けることも少なくありません。その他、投資を行う前に知っておくべき注意点をいくつか紹介します。

Read More

投資の始め方

なかなか初心者では理解しにくい不動産投資信託の始め方を簡単に説明します。リートは基本的に流れが株式に似ているため、株を行なったことのある人は比較的入りやすい投資といえます。

Read More

今後の市場動向

不動産は日々市場が大きく変化しています。その市場に大きく影響を受ける不動産投資信託ですが、今では世界共通で行なわれているものなので、世界の動向をチェックしていく必要があります。最近の市場と共に紹介します。

Read More

相談中

利用価値の高いもの

近年注目が高まっている資産運用の中に「不動産投資信託」があります。これは一方でリートとも呼ばれます。
基本的に、土地や建物は維持や売買には多くのお金がかかり手続きも面倒ですが、この不動産投資信託では比較的少額から始めることが可能で、なおかつ大規模な不動産にも投資することができるシステムとなっています。
具体的には、個人や団体から投資資金を集め、物件に投資し、その賃料を収益とする流れです。
投資者と不動産をつなぐシステムがリートです。また、リートによって、不動産投資がより身近なものになってきたと言っても過言ではありません。

現在リートは細かくみると多様に存在します。大きく分けると2つですが、その中の一つに単一用途特化型リートというものがあります。
単一用途特化型リートは、基本的にオフィスビル特化型や住宅特化型、ホテル特化型などというように、それぞれの用途に特化した不動産に投資する投資信託です。
もう一方が複数用途型リートと呼ばれるもので、これは、単一用途特化型と違い、住宅とホテル、住宅とオフィスビルというようにいくつかの用途の不動産に合わせて投資する方法です。これは複数用途型リートのなかでも複合型リートと呼ばれます。
また、複数用途型リートのなかでも用途を限定せずに3つ以上の不動産に投資する方法があり、それを総合型リートといいます。
このように、不動産投資信託といっても多くの種類や方法があるため、それぞれの特色やメリットを知っておく必要があります。

リートの特徴はいくつかあり、まず1つが証券取引所での売買が可能という点です。そして少額から不動産投資を行なえることも特徴です。
基本的に不動産投資というのは、これまで多額の資金が必要で管理にもお金がかかりました。
しかし、不動産投資信託では1つの不動産に対して個人や企業など様々なところから出資するので、非常に少額から始めることができます。
次に挙げられるのが、分配金が安定しているという点です。基本的に不動産によって得た利益の9割近くを分配するので、長期でみても安定した利益を得ることが可能となります。
現在、不動産投資信託でほとんどのところが年に2回は分配を行なっています。
これらの特徴を理解したうえで、さらに各投資不動産を調べることでより良いリートで投資を実現することができます。